m_about

about [mouti:f]

120413-3

[mouti:f]のコンセプト的なもの

[mouti:f]=motifの発音記号です。

[mouti:f](モチーフ)とは、
ニットのパーツのひとつで、 さまざまな形に編んだモノをさまざまにつなぎ合わせることにより、さまざまな表情、形のニットを形づくることができるものです。

[mouti:f]は、
モチーフに限らず、ニットでの、もしくはさまざまな素材とのコンビネーションによりさまざまな表現をしていきます。
そして、一本の糸から生み出される可能性を追求していきます。

そして何より、つかう人の気持ちをやさしく包み込み、はつらつとみえるようなモノを創っていきたいと思います。

 

 

[mouti:f]の活動

[mouti:f]はcovacanaこと古賀加奈子の個人的な編み物やデザインの屋号です。
1998年くらいから、オリジナルデザインのニットアイテムを作って販売しておりましたが、
結婚/子育て、Web制作のお仕事などで一旦休止。
2人目の子供が1歳を迎えた頃に、いろんな方を編み物を楽しみたいとニットカフェをはじめ
友人のデザイナーとワークショップを開催したり、ニットレッスンを行ったりしています。

 

 

covacanaのプロフィール

profile
covacana こと 古賀加奈子
(写真は2013年の春 撮影:Yoko Dobashi)

1975年三重県生まれ、大阪育ち。
学生時代からデザインやWeb制作(企画、ディレクション、デザイン、構築)に携わりながら、編み物の趣味が講じてオリジナルデザインのニットアイテムを販売していました。
仕事や結婚、出産を機に活動を一旦はお休みしていましたが、
2012年に再び活動を再開。現在はニットカフェやプライベートレッスン、ワークショップを中心に活動しています。
4人(男女2人ずつ)の母でもあります。


1994年:高校卒業と同時に
父の転勤で千葉県在住。
1994〜5年:東京芸大の建築家目指して浪人。ここで同じ志向の友人たちに出会う。
1996年:筑波大学入学
大学入学時よりインターネットに触れ、アルバイトでWeb制作にたずさわるように。
浪人時代の友人たちと離れることになったが、建築の3DCG制作などにも関わったりする。
またWeb制作のスキルを活かして、趣味のニット作品を発表、販売するサイトを立ち上げる。
2000年筑波大学芸術専門学群生産デザインコース卒業。

2000〜2003年:
ユニバーサルデザインをテーマにしたデザイン事務所で身を粉にして働く。
この頃は編み物のことは殆どできない。
2004年:派遣でWeb制作の仕事を転々とする。
2005年:プライムワークス株式会社(現ネオス株式会社)に入社
さまざまなWebサイトの制作に携わる。仕事人間。合間を縫って趣味程度に編み物。
実は密かにデザインフェスタに友人と出展する。

2006年:結婚
2008年:第1子長女出産
2010年:第2子長男出産
2012年:ニットカフェをOnEdrop Cafe.にて開始。また冬には洗足カフェでもニットカフェを開催開始。
2013年
ニットカフェに加えて、友人のデザイナー土橋陽子とコラボワークショップ、プライベートレッスンなども行う。
7月第3子次女出産、10月にはニットカフェを再開。

2014年:
9月に第4子出産予定。
今後はニットカフェ、レッスンなどに加えてニット小物の販売などもしていく予定です。

 

covacanaの編み物遍歴
■小学1年生の時、祖母宅から帰る電車で編み物をする母に初めてかぎ針編みの鎖編みを教えてもらう。
■ちょっとした糸と針を借りて、棒針編みにもトライ。ただし左利きだったために、右利きの母から教われず、母の編み物本を奪ってほぼ独学で基本の編み方をマスター。
■ちなみにその冬のクリスマスには編み糸と編み針をプレゼントとして買ってもらった。当時としては多分珍しかった輪針で着るものを編もうとしたが、途中で挫折。しかも思い余って編地にハサミをザクザクと入れてしまい、解いた糸を使えない状態にしてしまう。

その後もちょこちょこと何かしら編む。

■小学4年生の頃に友人の誕生日祝いにマフラーを編んでプレゼントする。
■小学6年生で入った手芸部で学芸会の展示にセーターを編んで出品。
縄編み模様の入ったセーターを独断と偏見で適当に編んでつくる。ただし縄編みは縄編みになっていなかった…。

 

■中学高校にかけても、折にふれて編み物をする。
中学の家庭科の編み物の課題が5本指の手袋であまりの細かさに挫折し、悔しい思いをする。

■大学生になって、大学の近くに住んでおり時間が有り余っていたのか、やたらと編み物をする。
カメラマン志望の友人に自分で作ったニットウェアなどを着て写真を撮ってもらい、これまた自分で作ったWebサイトに作品をUPする。
作品の販売なども始める。

 

■ニットカフェを開催するようになり、やっぱり独学だけでは限界かも、と。日本ヴォーグ社のかぎ針編み講師認定講座を受講しはじめる。
右手で編んだものしか添削してくれないとわかり、右編みにトライ。それまでの経験もあり意外とあっさり右編みマスター。
ニットカフェに来てくださる右利きの方にもよりきちんとお教えすることができるように。

 

■2014年年内の目標は、このかぎ針編み講師認定講座をクリアして(タイムリミットがあるので…)棒針編み講師認定講座にも着手すること。


初心者・左利き・お子様大歓迎★ニットカフェ&レッスンについてのお知らせ&日々の編み物・4児子育てについてのブログ