クンストレース、その後。

ようやく夏休みが終わって、終わった途端に雨続きでお出かけもままなりませんが、前回途中で失敗がわかって挫折しかけたクンストレース編み、本の一番特大のショールに2週間ほど取り組んでおります。

はっきり言って編み廃人です。
最低限の家事のみやっては編み物をしています。

 

少ない目数から徐々に目数を増やしながら大きくしていくのでハマり感が異常です。

この作品は最初10目から始まって12連続模様、さらに最終的には36模様になります。全196段最後はたぶん1段につき900目とかになるんじゃないでしょうか…。1段終わらせるのに下手をすると30分位はかかります。
それでも偶数段はだいたい掛け目や増減なく編むので、ずーっと何かしらしてなくてはいけないということもなく、ある程度模様に規則性があるので慣れれば進められる所も多いと思います。

  これがちょうど46/196段目。まだまだ目数少な目でどんどん進みます。

これで70/196段、直径は60センチ以上。12模様から36模様へ変わる直前。1本の輪針では全貌がわかりません。


更に進んで110/196段。半分以上来てます。


177/196段。いよいよ佳境というところで糸が足りない!メーカーに在庫もない!ということで泣く泣く別色の糸で編み進めたところ。

そして現在、185/196段。なんと2色目の糸もなくなってしまいました…!
この色はまだ在庫があったので発注しました。
続き編むのが待ち遠しすぎる…。


「芸術編み クンストレース」北尾惠以子 (著)

今編んでいるのはこの本のNo.21の作品です。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link